プロフィール

ご挨拶

stingako.comはスティングの音楽で人生が変わってしまった、あこ先生?のブログです。カメラを通すと神社で光が・・2020年1月1日に写真をとって真っ白の光が何気なくとった写真にうってから、
飛ぶような光が見えるようになってしまった・・・ちょっとスピリチュアルにはまりそう54歳。
スティングの音楽や、音楽関連、運用英語関連、人生を生きていくうえで少しでも心が軽くなるような情報を発信していきます。よろしくお願いします。

 

あこ先生プロフィール

1969年3月2日生まれ うお座の54歳。天然

本名:ポインター亜幸

石川県金沢市生まれ。

10代前半からちょくちょくアメリカにお邪魔。アメリカの工科大学でお勉強。なぜだろう・・(笑)

日本では教職の免許をとったのに、
日本に一番近いトロピカルに行きたくグアムで観光業現地社員。
2年程度で帰国。

それから英会話講師が長く、翻訳や通訳も機会があるときにやっていました。
昔は英検1級は日本の試験があって・・むずかったです。

ところが途中で英検準1級ができて、英検1級が英語だけになって・・・
英検1級を取得することができました。

そして英会話学校から、塾の講師へ転身。現在は学生たちに
英検対策と英語を教えるのが、メインです。
やはり先生になってしまいました💛。

これでスティングに少しはちかづけたかな?

通訳翻訳事務・英語&英会話教師

好きな食べ物 フルーツと野菜!

好きな音楽 スティング音楽(言う必要なかったかあ?(笑)

このブログで伝えたいこと

stingako.com の「スティング(ポリス)研究所 他音楽情報」では、
充実した人生を生きるための音楽情報、特にスティングの音楽情報を中心に書いていきます。

ふっと心が軽くなって音楽や言葉という媒体で幸せ波動になれるようなブログを目指しています。

 

英語学習情報(キンドルブックス)

アマゾンキンドルで運用英語の本を”AKO”という名前で1冊だけ出しています。
生徒さんが一番こまる仮定法についてです。ただ、私、性格が天然。本の中の図が文字化けして、
10分で読める本が8分になってしまいました(笑)。

またAKOという名前にした結果、ちょっとエッチな本の中に私のマスク姿があります。よかったら見てくださるとうれしい!(読み放題の方は無料)
 

その文字化けした本: AKO   と検索すると
・”凡人の凡人による凡人のための英文法:10分でわかる仮定法”

・・が出てきます。今後は ”ポインター亜幸” で 英文法の本を書けたら・・(いつかなあ(笑))

いやいやもうすぐ書いていきますよ~。次回は ”ポインター亜幸” として
英語の文法が文法でないように感じてしまう、アコ英文法の本をリリースしていきますね。

書いたらここにも情報入れます。英語の苦手方は読んでいただけると嬉しいです。

スティングの歌詞ももっと楽しめると思います。

英語を使わなければならなかったという経験から、私の頭が編み出したちょっと変わった英文法。
がり勉強して身に着けたのではないアコちゃん英文法。
ですが、英検1級くらいでよければ適用できますよ~。
(英検1級取得番号:1000565/4303-1005113)

 

SNSはこちら

スティングの公式アカウントをのぞいての押しのSNSをご紹介。特にStingdigest instagramはスティングのバンドメンバーが全員フォローしてます。時に公式のスティングより情報が早いという、公式ファンクラブinstagramと呼んでも過言ではありませんよ~!。でしたが・・・

2023年10月2日・・・バースディーコンサート終了後・・突然

悲しいですが、この事実をのこしておきたいと思います。

コンサートから、Uberでホテルにもどってきて、1時間ほど眠れるかなーとおもっていたら、Stingdigest (なぜかinstagramからブロックされていて、その時は手を変え、品を変えで、Stingdigestは stingdigestclub と存続のために名前がかわっていましたが。。そのアカウントを運営していた方から、
非常に私を侮辱する言葉が、まったく突然投げかけられました・・・

あまりにもの突然とその言葉のすごさに・・唖然とし・・ただ泣く間もないし、
夜中の3時には準備を始めてタクシーを手配して、

フライト3時間前にはサンフランシスコ国際空港に行かなきゃいけない。

フライトキャンセルして、泣いているほど裕福でもないし・・やることやんなきゃ。

体ももたないから、1時間は休まないと・・。それがよかったのかも、今思えばですが。
洋服をきたまま、ブーツも履いたまま、足を足代にのせて、ベットで1時間程度仮眠。

なぜ?なぜ?なぜ・・突然、私にstingdigest(当時名:stingdigestclub)の運営者:名前は伏せておきます。および副運営者(この方も名前は伏せておきます)が、
私に、あんな言葉を浴びせる必要があったのだろうか・・・

私が高価なコンサートチケットを買って、1回は止められ、
自分も納得の上、行かなかった。そして二度とこんなおもいはしたくない・・と心に刻みました。

そのあと・・なぜ?とやはり思ったのが今回の予兆だったのかもしれません。
その時は私は副運営者の方の意向に沿い、コンサートをあきらめて・・まあ、ことなし。

その上司というか・・stingdigestの方とは問題がありませんでした。

そして・・・

2023年の10月2日のバースデーコンサートだけはどうしても行きたく、
すべてを調整し、家族、高齢の両親、息子のことも神様の試練のように重なり重なり・・・
信じられないくらいの勢いでことが起こり始めました。

嘘のような本当の話・・

まず高齢の私の親が倒れて入院。そして退院。そしてまた入院の危機・・・これが10月2日1週間前当りでおきました。

そして6年間外国からコロナの関係で仕事に規制が付くので、
6年間日本に帰ってこれなかった息子とお嫁さんそして、
うまれて4か月の赤ちゃんが、お休みがやっととれた、、帰国したい・・・と。

当時は下記のように書いていました・・

「私押しの英語サイト①:stingdigest instagram (現在フォロアーが4.4万のものです。)
私押しの英語サイト②:Tik Tok: stingdigest (デコがかわいい!最高です。自分で言ってますね。①の方のと連携させていただいて、私が作成してます。よかったら遊びに来てくれると本当に嬉しいです。スティング音楽で1日の中の本のひととき、豪華に優雅にお好きなワイン、コーヒーでも飲みながら、音楽文化的にリッチに感じていただけましたら本望です。私自身本当に人生が豊かになりました。時代を超える音楽ってすごいですね。)」・・・と言っていたのですが・・いまでは全く怖くてトラウマです。((笑))マジです。

2023年10月2日・・彼の誕生日を境に, 怖くてそのサイトを除いていません。
一度だけのぞいちゃいましたが・・・

そして私は一切かかわることはありません。

なぜ、stingdigestの人たちが、私を攻撃する必要があったのか、
私にはまったくして理解ができないのです。

何を私がしたのか、まったく本当にわからない。

彼らが私を公共で非難した投稿を削除したら、私はなにもしない・・とお約束したので・・・

わすれたいと思います。

あのアクシデントはきっとなにか神様が意義があったこと。

そして私は・・神様と大好きな龍神様とともに、人のため、この世のため・・そして自分も大切に生きていきたいと思っています。💛

May your life be full of light, love and hope with joy and fun!!

(2023年10月31日)

そして・・神様のhelpers, お手伝いをしているエンジェル様、斎藤一人さんのお話を通して教えが降りてきました。ボブ・プロクターさんや、ジョン・ローさんも大好きな人なので、またかいていきたいと思いますが・・・

「許すことができたら最高。できなかったら、自分の大切な人生の時間を、いやなことを思い出さないで、好きなことを考えてって。」もともと、争いが好きではない、平和が大好きな私。

しかし、自分のエゴ、我(が)が強く、若い頃は自分が正しいと信じることを、自分以外の人に押し付けていたが故に、涙を流して主張をしていた・・それは外からみれば争いであり、人とのケンカと呼ばれる行為だった・・


今となっては本当に、自分が精神的にこどもだったなあ、精神が成長する過程での未熟さを痛感します。

日々学びですが、その中にやはり、斎藤一人さんのお話をきいていたり、神様のことを勉強していたりすると、自分の中にいる神様、自分や、この宇宙自体ができている宇宙エネルギーを思うとき、楽しむことが必要、いや必須。

ただ単純に、快楽という楽しみでなく、それも必要だとは思いますが、本当に心が喜ぶのは、充実した学びの面白さに楽しさがあって・・時に苦しみや辛さがあり、そこからまなび・・というようなのをひっくるめて、面白い、楽しいというのではないかと今は勝手に自分で思っています。

シンデレラも、白雪姫もなぜか、私たちが読んだり、見たりするのは、2人が幸せになる前の人生の冒険部分・・そこに自分の心は踊り哀しみ、学ぶ。

自分の心の学びとして、あのインスタグラムの事件はまだ今の時点ではのこしておきますが・・なにか、水でながされたような洗浄感がこころに現れました。

斎藤一人さんの言葉で、人はひとりひとり間違ってないと思っているもんだよ。言った相手は「わたしってやさしいからなあ」といってるくらいだよ・・って。だから、考えないことにして、「そういうことををやってるやすはどこでも同じことをやってんだよ。そういう言う人間にうまれてこなかったことだけでも感謝して」という斎藤一人さんのことばを再度きいて・・

もう考えるのはやめよう。自分が正しいとはおもってないけど・・・間違いとも思ってない。というのは、いろいろ自分の人生をとおして「自由」をまなんできたかた・・

人それぞれの自分には計り知れない、知りえない、人ひとりひとりのものがある。それをどうこういううなんで永遠にありない・・神様だけが完璧にできること。小さい子供たちを導く時は、自分が神様のつもりでできるだけ導く・・

まだまだ・・やることはいっぱいですね。

人生は公園の中をあるくようなもの・・と斎藤一人さん。

知花俊彦さんも大好きです。木内義彦さんのお話も興味深いですよね。高橋信次さんも大好き。母が若い時に私を育てながら、母の姉と一緒に訪れた会場で、私の頭をなでてくれたか、だっこしてくれたかなあ・・谷口雅春さんも大好きです。イエスキリストさんもすてきな方だと、思います。愛で世界を包もうとしたのではないでしょうか。斎藤一人さんがそうおっしゃっていました。

弘法大師様も大好きです。高野山では不思議な体験もしました。日本の八百万の神様すべてに感謝をささげます。そして大好きです。

ミカエル様も、ガブリエル様も大好き!

愛を通して、私は学ぶ・・
人間の世界は、俗世界・・・天界と地獄界とも呼ぶひともいる、2つの世界の真ん中だと斎藤一人先生より学びました。

まだまだ、これから出会う方は多いと思います。本という媒体であったり、Youtubeという媒体であったり・・

問題は機会にほかならない・・ボブ・プロクターさんがおっしゃっていました。

また少し成長できた・・ような気がします。
もし・・お読みになった方がいらっしゃったら・・

感謝と愛をこめて・・

ポインター亜幸
(2023年10月31日)

 

 

タイトルとURLをコピーしました