【スティング名曲】ロクサーヌ(ロクサン)Roxanne 娼婦への熱い恋❤1977年~47年以上売れ続ける最高傑作の秘密はBBC放送禁止?!俺の人生を変えた!自宅録音版!和訳背景 “[Sting’s Hits] Bilingual Edition ★Sting mansion Live Recordings?”A Passionate Love for a Prostitute ❤ The Secret of the Greatest 37years Hit ‘Roxanne’ from 1977 Lyrics Translation & Background”

スティング名曲
新着記事
スティング名曲の魅力に迫る!スティングを感じる名言集 ランキングトップ10曲
「スティングとデミー・ムーア💛 ”忘れられない夜” 女性がん研究基金25周年 感動の登場ームーア叔母は乳がん生存者
【スティング名曲】ポリス初来日 京都大学西部講堂事件 と”銭ヤッタ揉んだった” ?がアルバムタイトル👉Zenyatta Mondatta
23年沈黙破 宇多田ヒカル新曲『何色でもない花』スティング故郷で”信じる事が怖い人へ”~離婚を経て子育真っ最中
【スティング名曲】ロクサーヌ(ロクサン)Roxanne 娼婦への熱い恋❤1977年~47年以上売れ続ける最高傑作の秘密はBBC放送禁止?!俺の人生を変えた!自宅録音版!和訳背景 “[Sting’s Hits] Bilingual Edition ★Sting mansion Live Recordings?”A Passionate Love for a Prostitute ❤ The Secret of the Greatest 37years Hit ‘Roxanne’ from 1977 Lyrics Translation & Background”
【スティング名曲】「デザート・ローズ」砂漠のバラは?岩?歌詞・和訳・背景どんな曲?
【スティング名曲】自分に酔える人気曲ランキング20選!スティングセクシーショットが放つ Sting自身が選んだ20曲、なんと日本語だけのタイトルソングが存在する?」
スティング3.0!え?!ライブ新曲披露?”I Wrote My Name”!新バンド!72歳は27歳?とどまることを知らない!女性の熱い視線
スティングがトリオ?メンバー発表!称して3.0?新ドラマ―困難なスタート 72歳爆発!ホット
【スティング名曲】長野冬季オリンピック決定とスティング セブンデイズ 無音の間が熱い!和訳
スティング牛乳配達&エムエヌ極貧虐めでも音楽界の頂点!スーパーセレブF1グランドプリックスヘッドライナー2024年10月
  1. スティングの最大のヒット曲って何ですか。と聞かれて、スティングを”ポリス”時代から知っているファンは、ほぼ確実と言っていいほど、この曲「ロクサーヌ」(原題:Roxanne) をあげると思います。
    If asked what Sting’s greatest hit is, fans who have known him since his Police days would almost certainly mention the song “Roxanne.”
  1. マイ・ソングズ ロクサーヌをお聞きになりながら・・💙 While listening to Roxanne from 【My Songs】album
  2. 彼の人生を変えた娼婦「ロクサーヌ」BBC禁止だった The prostitute “Roxanne” that changed his life was banned by the BBC.
  3. スティングが名曲で歌う女性『ロクサーヌ』がスティング人生を変えた?Did the woman ‘Roxanne’ from Sting’s hit song change his life?
  4. スティングにとっての女神「ロクサーヌ」が生まれたのは・・ あるパリ、サンジェルマンの夜・・・かっこいい💛 For Sting, his muse “Roxanne” , even though a prostitute in the song, was born on a certain night in Paris, in Saint-Germain… how cool!
  5. (ポリス時代の動画がこれ!)スティング名曲。スティングが恋したのは それは 若く濃厚な体を売る・・美女 「ロクサーヌ」 (Here is a video from The Police era!) Sting’s greatest hits. The one Sting fell in love with was the young, sultry body-selling beauty, ….Roxanne, the muse in a sense, in his song💙
  6. そしてそのポスターに芸術性を刺激されたのでしょうか。娼婦に思いを寄せたスティング・・創作力のなせる業!ロマンスの主役は・・ Did the artistic inspiration from the poster stir Sting’s imagination? He was drawn to the prostitute, which fueled his creative powers! The romance’s lead role is・・・」
  7. 一息いれて、ロクサーヌ鑑賞といきましょうか。(動画:ここは音源のみ)SYMPHONICITIESから(オーケストラバージョン) Let’s take a moment to relax and enjoy “Roxanne.” Here’s an orchestral versionfrom “Symphonicities” (audio only).
  8. スティングの人生を変え、ポリスが世界の頂点に立つ礎を作ったのが・・ The song “Roxanne” not only changed Sting’s life but also laid the foundation for The Police to reach the pinnacle of success on a global scale.
  9. ではお楽しみください。ポリス時代のロクサーヌ!「Roxanne」 Here you go, enjoy “Roxanne” from the Police era!
  10. スティングの最大のヒット曲とのよび声高い スティング名曲「ロクサーヌ」の歌詞を日本語で紐解くひととき・・ Here is a moment to delve into the lyrics of Sting’s most acclaimed hit song “Roxanne” in Japanese translation.
  11. ここからは私の心の日本語です。 ”ロクサーヌ、君はもう体を売らなくっていいだ。ロクサーヌ・・・もう体を売らなくっていいんだよ。そんなことする必要ない・・赤いライトなんて・・赤いライト・・・春を売ることないんだよ・・” Herer in my mind in Japanese, I can hear “Roxanne, you don’t have to sell your body anymore. Roxanne… you don’t have to sell your body anymore. There’s no need for that… No more red light… red light… you don’t need to sell yourself anymore…”
  12. これでわかりましたか?売れ続ける秘密・・・ “Did you understand the secret of why it continues to sell?”
  13. ロクサーヌがアメリカの大学生の間でパーティでショットを飲むときの曲?17回?18回 “Is ‘Roxanne’ the song that American college students use for taking shots during parties? Is it 17 or 18 times?”
  14. 最後にブランフォード・マルサリス(Branford Marsalis) のサックスとスティングのギターだけ ほぼアカペラ音源で・・ 自分に酔うひととき・・・ “Finally, a moment to indulge yourself with the almost a cappella version featuring Branford Marsalis’s saxophone and Sting’s guitar.” もちろん スティングのセクシーな声とともに・・・”ロクサーヌ” “Of course, with Sting’s sexy voice as he performs ‘Roxanne’…”

マイ・ソングズ ロクサーヌをお聞きになりながら・・💙 While listening to Roxanne from 【My Songs】album




彼の人生を変えた娼婦「ロクサーヌ」BBC禁止だった The prostitute “Roxanne” that changed his life was banned by the BBC.

理由は・・・”ポリス”は1977年に結成されたバンドで、この「ロクサーヌ」は1978年の大ヒット曲。したがってこの時代からのファンはもう当然のごとく「ロクサーヌ」を最大のヒット曲!!となるわけです。
The reason is… The Police was a band formed in 1977, and “Roxanne” was a big hit in 1978. Therefore, fans from that era naturally consider “Roxanne” as his greatest hit!

従って、スティングがコンサートで外したくても外せない?ファンがコンサートにきたら、というか、ポリス時代のファンは実際コンサートでは多いのは言わずもがな、です。
Therefore, even if Sting wants to, he can’t leave it out of his concerts.
When fans come to his concerts—especially those who were fans
during The Police era—they expect to hear it, which goes without saying.

そしてそのファンは、聞かないでは帰れない曲といっても過言でない曲。
And for those fans, it would be no exaggeration to say that it’s a song
they can’t leave the concert without hearing.

もちろんStingの名曲中の名曲だと私も思います。様々な形で演奏され、時代を超え、どんなアレンジでも素晴らしく心をとらえる。
Of course, I also believe it’s one of Sting’s greatest hits. It has been performing
in various forms and transcends time, going beyound “time” and captivating hearts
with Stings’s arrangements.

私が、彼の曲の代表作の5本は?といわれれば、もちろん「ロクサーヌ」はその中に入る曲です。If someone asked me for his top five signature songs, of course, “Roxanne” would be
one of them.

日本語では「ロクサーヌ」と訳されますが、コンサートに行くと”ロクサン”と発音されています。
In Japanese, it’s translated as “ロクサーヌ,” (RO-KU-SAA-NU) but at concerts, it’s pronounced as “ロクサン.”(RO-KU-SAN)

そしてこれはある女性の名前なんですね!そして、その女性は娼婦。
And this is the name of a woman! She is a prostitute.

そして、「性行為を超えた愛」をこの歌から私は感じます。そこが私はコンセプトとして大好きです。
And I feel “a love beyond sexual acts” from this song. That’s what I love about it conceptually.




スティングが名曲で歌う女性『ロクサーヌ』がスティング人生を変えた?Did the woman ‘Roxanne’ from Sting’s hit song change his life?

Roxanne (Live At Villa Il Palagio, Italy/2001)
スティングのイタリアご自宅でのライブ音源。2001年版

答えはYES!スティング自身もこの曲を紹介するときに必ずと言っていいほど”彼の人生を変えた”と紹介します。
The answer is YES! Sting himself almost always introduces the song by saying it “changed his life.”

そして その彼にとってはまるで、彼の音楽の女神が生まれた日のようと私などは思ってしまうのですが、そのような愛すべき素晴らしい曲、「ロクサーヌ」を 紐解いていきたいと思います。
And to him, it seems like the day his musical muse was born, I think 😉.
And I want to delve into this beloved, amazing song, “Roxanne.”

そして主人公の「ロクサーヌ」は言わずもがなですが、私としてはその彼女を愛する、究極の彼を愛しています。とってもロマンチックな彼。愛がとっても大きな彼。そんな彼が大好きです。
The main character, “Roxanne,” goes without saying, she is loved by the man
in the song as well as by Sting.
For me, I absolutely adore such him for loving her,
and love the creater of the song Sting. He’s incredibly romantic,
with a deep, immense love.
I just love him for that, then I respect Sting so much with higher love.



 

スティングにとっての女神「ロクサーヌ」が生まれたのは・・ あるパリ、サンジェルマンの夜・・・かっこいい💛 For Sting, his muse “Roxanne” , even though a prostitute in the song, was born on a certain night in Paris, in Saint-Germain… how cool!

まず「ロクサーヌ」の生誕の土地なのですが・・・場所はフランスです。
First of all, the birthplace of “Roxanne” is in France.

フランスには101の県がありますが、その中のパリ西部郊外にあるイブリーヌ県(Yveliness) にある都市、”サンジェルマン”、
France has 101 départements, and in the Yvelines département,
located in the western suburbs of Paris, there is the city of Saint-Germain.

そこでスティングは、「ポリス」のメンバーとして音楽のお仕事をしていました。
時は1977年。
There, Sting was working as a musician with The Police. The time was 1977.

お仕事場は ”ケチでチンケなミュージックホール〈ナッシュヴィル・クラブ〉”(Sting, 2011 東本貢司訳,2003 p.411)だったそうです。
His workplace was a “cheap, rundown music hall called the Nashville Club” (Sting, 2011, translated by Mitsushi Higashimoto, 2003, p. 411).

ちなみにスティング書いたこの本の英語版では ”the Nashville Club, a seedy velveteen music hall” (Broken Music A memoir, Sting, 2003, P285) と表現しています。
By the way, in the English version of the book written by Sting, the Nashville Club is
described as “a seedy velveteen music hall” (Broken Music: A Memoir, Sting, 2003, p. 285).

seedy というのは 私の頭では、ちょっと汚くって、あまり品が良くないような感じの言葉ですねえ。velveteenというのはベルベットにみせた安物ということばなので、東本さんの訳うまいですね。
“Seedy, in my mind, suggests something a little dirty and not very refined.
And velveteen refers to a cheap imitation of velvet, so Higashimoto’s translation is excellent.”

そして2晩仕事をしていた「ポリス」が、利用していた宿は、サン=ラザール駅にある簡易ホテルだったそうです。
And “The Police,” who worked for two nights, stayed at a budget hotel located
at Gare Saint-Lazare.

パリには主要ターミナルが6つありますがそのうちの一つで1日の利用数は2023年現在約28万人と言われており、1837年8月26日開業で、パリのターミナル駅では最も古いものになります。
Paris has six major terminals, one of which is used by approximately 280,000 people
per day as of 2023. Gare Saint-Lazare opened on August 26, 1837,
making it the oldest terminal station in Paris.

華やかさには欠けるといわれることもありますが、パリのターミナル駅では最も都市部に近く利便性が良いともいわれています。また、印象派の画家モネが描いたことでも有名な鉄道駅です。
While it is sometimes said to lack glamour, it is the terminal station in Paris
that is closest to the city center, making it highly convenient.
It is also famous as the railway station painted by the Impressionist painter Monet.

ウジェーヌ・フラシャという建築家が設計した駅で、ガラスと鉄を使った屋根が特徴的で、建設当時の1937年の最先端の素材を使ったデザインでモネだけでなく多くの印象派の画家が描いたという芸術性をただよわせる雰囲気があるところといわれています。ぜひ訪れてみたいところですね。
The station was designed by the architect Eugène Flachat, and its glass and iron roof is a distinctive feature. The design used cutting-edge materials for its time in 1937,
creating an artistic atmosphere that not only Monet
but many Impressionist painterscaptured in their works.
It’s a must-visit place for its aesthetic and historical value.

そんな駅の裏の簡易ホテルに当時の「ポリス」のメンバーは、もちろんスティング宿をとっていました。ホテルの玄関は悪臭が漂う路地に面し、けばけばしい”ネオン”が光るセックスショップが近くにあり、対照的にその両脇が古本屋さんだったといいます。
The members of “The Police” at the time, including Sting, stayed at a budget hotel
behind the station. The hotel’s entrance faced an alley filled with bad odors,
with a gaudy neon-lit sexy shop nearby, while on either side were second-hand bookstores, creating a contrasting scene.

そこは路地は坂になっており20名ほどの女性たちが戸口にもたれかかってチェーンスモーキングをしていたそうです。テカテカのレインコートを着込みその下には、ミニスカートに安物のブーツかハイヒール。
The alley was on a slope, with about 20 women leaning against doorways, chain-smoking.
They were wearing shiny raincoats, and underneath, mini-skirts paired with
cheap boots or high heels.

そう、彼女たちがしていたのが、”put-on-the-red-light ”自分自身を娼婦として売り出す” そして一番売れ行きがよかったのがやや年をとった女性だったそう。💛若い美形の女性よりも人気があったそうです。
Yes, what they were doing was “putting on the red light”—marketing themselves as prostitutes.
It is said that the most successful ones were the slightly older women,
who were more popular than the younger, beautiful ones. 💛


そしてそんな光景が見えるseedy, velveteen なホテルのロビーに、古い「ラ・コメディー・フランセーズ」=世界で最も古い歴史のあるフランスの国立劇団、のポスターが貼ってあったそうです。
And in the seedy, velveteen lobby of that hotel, there was an old poster from
“La Comédie-Française”—the world’s oldest national theater company from France.

今では伝説のミュージッシャンと言われているスティングですが、まだ当時は若い駆け出しのミュージッシャン。
Now considered a legendary musician, Sting was still a young, up-and-coming musician
at the time.

そして彼の目にとまったのが、そのポスターの色褪せた ”華美” だったそうです。そのポスターにえがかれていたのが「シラノ・ド・ベルジュラック」という演劇だったといいます。
And what caught his eye was the faded opulence of the poster.
It depicted a play titled “Cyrano de Bergerac.”

そう・・・スティングが見とれたポスターはエドモン・ロスタン作の、1897年当時はフランスで大ヒットし、今でも世界で繰り返し上演されている『シラノ・ド・ベルジュラック』です。
Yes… the poster that captivated Sting was for Cyrano de Bergerac by Edmond Rostand,
a play that was a big hit in France in 1897 and continues to be performed
around the world today.

主人公は類まれな醜い容姿を持つ多才な男性で、文才があり、また剣術の達人。
そして彼は巨大な鼻を持っていた・・そして母親からでさえも敬遠されていた・・
The protagonist is a talented man with exceptionally unattractive features,
possessing oustanding literary talent and mastery in swordsmanship.
But, he had a extra large nose and was shunned even by his own mother for that.

その主人公が心から愛していたのが・・
And..the one whom the protagonist loved with all his heart was…


(ポリス時代の動画がこれ!)スティング名曲。スティングが恋したのは それは 若く濃厚な体を売る・・美女 「ロクサーヌ」 (Here is a video from The Police era!) Sting’s greatest hits. The one Sting fell in love with was the young, sultry body-selling beauty, ….Roxanne, the muse in a sense, in his song💙

ロクサーヌ・・
Roxanne.

その巨大な鼻をもったシラノ・ド・ベルジュラックが恋に落ちたのが”ロクサーヌ”だったのです。
The one Cyrano de Bergerac, with his extra large nose, fell in love with… was Roxanne.

しかしシラノの友達の美青年、クリスチャンも”ロクサーヌ”に思いを寄せていることを知ります。However, Cyrano learns that his friend, the super handsome young Christian,
also has strong feelings for Roxanne.

そして自分の醜さゆえに、シラノは”ロクサーヌ”のために身を引くことを決意します。
なんと、つらいことだったのかと・・涙が出てきちゃいます。
Because of his own ugliness, Cyrano decides to step aside for Roxanne‘s sake.
How heartbreaking that must have been… it brings tears to my eyes.

愛する人と、一つになりたいと人なら思ったはず・・しかし運命と思ったのでしょうか。
シラノは、そのハンサムのクリスチャンの代わりにラブレターを書いてあげます。
Anyone would want to be united with the one they love,
but perhaps Cyrano saw it as fate. Instead,
he writes love letters on behalf of the handsome Christian…oh my gosh!

しかも何度も・・戦場にいた彼の代わりにも・・
Not only did Cyrano write the letters multiple times, but also he also did so in stead of Christian who was at the battlefield.

そして”ロクサーヌ”はその言葉に恋をします。
そしてクリスチャンの中身?に惚れるのです。
つまりその恋文にロクサーヌは惚れこんでしまいます。
And Roxanne falls in love with those words.
She becomes enamored with what she believes is the soul of Christian.
In other words, she falls in love with the letters themselves.

そして、とうとうクリスチャンがロクサーヌと面会を果たして聞いた言葉は・・
”私はクリスチャンが美しくなかったとしても・・その人格を愛している”と告げます。
And when Christian finally meets Roxanne, he hears her say,
“Even if Christian were not beautiful, I would still love his character.”

美青年のクリスチャン・・・この言葉に絶望します。
何度も書いたラブレターの言葉はすべてシラノのものだったからです。
The super handsome Christian is devastated by these words.
All the love letter words he sent were written by Cyrano.

そして戦場にて無謀な突撃を行い、戦死してしまいます。
And on the battlefield, Christian made a reckless charge and lost his life.

彼の心の痛みも・・愛の魔術でしょうか・・涙が出てしまいます・・
ロクサーヌに恋し恋焦がれ・・自分が語ることのできなかった言葉を友に書いてもらった・・
Perhaps it was the magic of love?・・・ which brought such pain to his heart…
It brings tears to my eyes.
Christian longed for Roxanne and yearned for her love,
but he had to rely on his friend to write the words he could not express himself.

愛があれば・・私は、誰の言葉であってもよかったのでは、と思う反面、言葉が語る愛の重さ。
If there is love, I sometimes wonder if it really matters whose words they are,
yet there is a profound weight in the love expressed through words.

愛の大きさ。愛の美しさを、彼は持ち合わせてないと感じたのでしょうか。
つまり、その恋文にかかれた言葉が彼の心には なかった?
Did he feel that he lacked the depth and beauty of love?
Perhaps the words in the love letters were not in his heart?

これはわかりませんが、それも芸術の1部ですよね・・
Indeed, it’s uncertain, but perhaps that’s part of the art of it all.



絶望感ゆえ?無謀な突撃で命を失ったのはこの物語の彼の運命ととらえるべきなのか・・
彼が選んだものなのか・・愛の魔法。
Was it his fate, driven by despair, to lose his life in a reckless attack in the battlefield?
Or was it a choice he made? Perhaps it was the magic of love.

あとは皆さんまた本や映画で楽しんでくださいね。
『シラノ・ド・ベルジュラック』という本が岩波文庫からも出てますし、映画にもなっています。
Please enjoy the rest of the story through books or movies. Cyrano de Bergerac is available from Iwanami Bunko, and it has also been adapted into films.

もちろん「シラノ・ド・ベルジュラック』1990年製作の139分の作品で、
フランス・ハンガリー合作で原題がCyrano De Bergerac。よろしかったら、見てみてくださいね。
Of course, Cyrano de Bergerac is a 1990 film running 139 minutes long. It is a French-Hungarian co-production and goes by the original title Cyrano de Bergerac. If you haven’t already, you might want to check it out.

そのような背景を持つ「ロクサーヌ」
“Roxanne” has a background rooted in the story of Cyrano de Bergerac.
In the tale, Roxanne is the object of affection for both Cyrano and his friend Christian.

Cyrano, despite his deep love for Roxanne,
helps Christian woo her by writing love letterson his behalf.

The story involves themes of unrequited love, self-sacrifice,
and the complexities of love and relationships. In essence,
“Roxanne” embodies these emotions and themes in its narrative.



そしてそのポスターに芸術性を刺激されたのでしょうか。娼婦に思いを寄せたスティング・・創作力のなせる業!ロマンスの主役は・・ Did the artistic inspiration from the poster stir Sting’s imagination? He was drawn to the prostitute, which fueled his creative powers! The romance’s lead role is・・・」

スティングは彼の滞在していた安ホテルの部屋に戻り、
ホテルの窓の下の通りで稼ぎがなく立ちすくむ一人の少女を思い描き、
それにロスタン作の『シラノ・ド・ベルジュラック』の悲しい劇を重ね合わせ、
曲を書き上げました。そしてロマンスの主役として書き上げた,と私は理解しています。
Sting returned to his room in the cheap hotel
where he was staying and imagined a girl standing idle
in the street below his hotel window,
without any earnings. He intertwined this image with the tragic drama
from Rostand’s Cyrano de Bergerac and composed the song.
He wrote it with her as the lead role in the romance, so I understand

そして、スティングがその少女に名前を付けたのです。
And then, Sting gave the girl a name: “Roxanne.”

こうしてスティングのロクサーヌは生を受けました。
そして彼女はスティングの人生を変えてしまいます。
In this way, Sting’s “Roxanne” was born.
She ended up changing Sting’s life forever.

おまけに当時は、BBCで、娼婦!ということで放送禁止されてしまいました。
再発売でその放送禁止が解除されました。
As a bonus, at the time, the song was banned from being broadcast on the BBC due to its references to prostitution. The ban was lifted when the song was re-released.

時代を感じますね。
Indeed, it really does evoke a sense of the times.


最大のヒットと言わるエピソードをもう一つご紹介。
Let me share another episode that highlights one of Sting’s biggest hits.

一息いれて、ロクサーヌ鑑賞といきましょうか。(動画:ここは音源のみ)SYMPHONICITIESから(オーケストラバージョン) Let’s take a moment to relax and enjoy “Roxanne.” Here’s an orchestral versionfrom “Symphonicities” (audio only).

スティングの人生を変え、ポリスが世界の頂点に立つ礎を作ったのが・・ The song “Roxanne” not only changed Sting’s life but also laid the foundation for The Police to reach the pinnacle of success on a global scale.

スティングがまだ”ポリス”(原名The Police)というバンド時代の曲なのですが、
当時のマネジャーが、バンド創立者のドラム担当のスチュワート・コープランなのですが、
そのお兄さんがポリスのバンドのマネジャーをしていました。
The song “Roxanne” is from Sting’s time with the band “The Police.” The band was founded by drummer Stewart Copeland, and his brother served as the band’s manager.

そしてこの曲を聴いて、これはいける!と確信したマネジャー。
この曲をもってA&Mレコードに乗り込み、見事契約。
※A&Mは当時の大西洋両岸で最もせいこうしていた大手レコード会社の一つ。
The manager was convinced of the song’s potential after hearing it
and decided to take it to A&M Records.

As a result, The Police successfully signed a contract with the label,
which was one of the most successful record companies
on both sides of the Atlantic at the time.

この曲をマネジャーのマイルズが聞くまでは、このような大ヒットを狙う大会社のレコード会社でなく、イリーガル・レーベル (そのマネジャーのレコードレーベルで、A&Mが大手企業なら、
ちょうど中小企業という感じです。)で何とか独立してレコードを
リリースできればと考えていたポリスがそこにいました。
Before manager Miles heard this song, The Police were considering releasing records independently under an illegal label (which was the manager’s record label and a small-scale operation compared to a major company like A&M Records).

They hoped to manage their releases independently rather than aiming for a big hit with a major record company.

But I am sure that Sting was dreming a super extra big hit,
as well as the other members did, I guess. Just, realistically at that time.
The manager was thinking very realistically as the above.

ちなみに「レーベル」というのは、アーティスト、ミュージッシャンと契約を交わして、CD, レコードなどの商品を製作する組織のことを言います。
A “label” refers to an organization that signs contracts with artists and musicians to produce products such as CDs and records.

ここにマネジャー、そしてドラム担当のスチュワートのお兄さん、マイルズが言った言葉をご紹介しておきますね。スティングによりますと・・
“Here, let me share with you the words of the manager, who is also Stewart’s brother, Miles, according to Sting.”

”It’s godxxmn classic, it’s a fxxking’ smash.” だそうです。(Broken Music, Sting, 2003, p.296)💛ええと・・これを私の頭の中で‥日本語にすると、
「すげー名曲!大ヒットだぜ!」でしょうか…(笑)皆様におまかせします!
“It’s godxxmn classic, it’s a fxxking’ smash.” That’s what it is according to Broken Music by Sting (2003, p. 296). 💛 In my mind, this translates to, “It’s an awesome classic! A big hit!”
Feel free to interpret as you like in Japanese😅😉



 

ではお楽しみください。ポリス時代のロクサーヌ!「Roxanne」 Here you go, enjoy “Roxanne” from the Police era!




スティングの最大のヒット曲とのよび声高い スティング名曲「ロクサーヌ」の歌詞を日本語で紐解くひととき・・ Here is a moment to delve into the lyrics of Sting’s most acclaimed hit song “Roxanne” in Japanese translation.

そして2024年の今も・・・この曲は愛され続けています。まったくして・・
”It’s godxxmn classic, it’s a fxxking’ smash.” 時代を超えた smash です。
Even in 2024, this song continues to be loved.
It’s a goddamn classic; it’s a f**king smash. It’s a timeless smash hit.

Roxanne 「ロクサーヌ」

Roxanne, you don’t have to put on the red light
Those days are over
You don’t have to sell your body to the night
Roxanne, you don’t have to wear that dress tonight
Walk the streets for money
You don’t care if it’s wrong or if it’s right

“ロクサーヌ、赤いライト身につけなくていい。
そんな日々はもう終わりだ。
夜に体を売る必要はないんだ。ロクサーヌ、
そんなドレスを今夜切る必要なんてないんだ。
お金のために通りを歩く・・
君はそれが良いか悪いかなんて気にしないだね。”

※put-on-the-red-light ”自分自身を娼婦として売り出す” というイディオムです。
ただ、もっと深くこのイディオムを紐解いていくと、”red light” 「赤いライト」、これは売春宿では赤いライトを灯すというとこからきています。もちろんこれは芸術作品なので、作者のスティングはもっとこの言葉を選ぶときに意味したかったことはあるかと思いますが….例えば、この”赤”という色であったり、それで意味することのできる売春宿であったり。

またそういう売春地区を英語で ”Red light discrict(地区)”と呼んだりもします。

日本でも売春通りを「赤線(地帯)」と昔は呼んでいたそうです。もう死語かと思いますが・・・

またこの曲が入っているアルバムが”The Dream of the Blue Turtles” 偶然でも色の対照が芸術的ですね。

人が生きるために、生きるために・・ロクサーヌができると思うこと・・悪い?良い?彼女にとっては生活をするための・・・行為・・

Roxanne, you don’t have to put on the red light
Roxanne, you don’t have to put on the red light
Put on the red light, put on the red light
Put on the red light, put on the red light
Put on the red light, oh

ロクサーヌ、君は赤いライトを身にまとう必要はないんだ。
ロクサーヌ、赤いライトを身にまとうことないんだ。
赤いライトを身にまとう(春売る)・・
赤いライトを身にまとう(春を身にまとう)・・
赤いライトを身にまとう・・
赤いライトを身にまとう・・体を売る・・・ああ

日本語で近いのは・・”春を売る?” なのかなあ・・・と考えてしまい明日。

I loved you since I knew ya
I wouldn’t talk down to ya
I have to tell you just how I feel
I won’t share you with another boy
I know my mind is made up
So put away your make up
Told you once I won’t tell you again it’s a bad way

“君を知ってからずっと愛してきた。
君を見下すことなんて絶対しなかっただろう。
だから君にいう必要がある。
ぼくがどう感じているかを。
君を他の男と分かち合うことなんてしない。”

ここからがたぶん多くの女性がこころ奪われるところかと思います。1つの魂が女性という体をまとって生まれてきて、生きるために精一杯、彼女ができる方法で生きている。そんなある意味、ある人は責めるし、咎めもするだろう・・でも彼女は頑張って生きている。そんな彼女は美しかった・・そして彼はそんな彼女に、彼女の生きる行為をこえて、恋心を抱く…彼女は大金持ちのお家に生まれていたら、赤いライトは絶対つけなかったはず・・・彼女が考え付く究極の選択が”赤いライト”・・・だった・・多くが咎め責めるであろうところに、ある男性を私は見ます。寛大で本当の愛を知っている・・そして愛しくおもってくれる・・Gosh・・How can’t I love this song? As a woman, I fall in love with this song..and the man in this song!

Roxanne, you don’t have to put on the red light
Roxanne, you don’t have to put on the red light
You don’t have to put on the red light
Put on the red light, put on the red light



ここからは私の心の日本語です。 ”ロクサーヌ、君はもう体を売らなくっていいだ。ロクサーヌ・・・もう体を売らなくっていいんだよ。そんなことする必要ない・・赤いライトなんて・・赤いライト・・・春を売ることないんだよ・・” Herer in my mind in Japanese, I can hear “Roxanne, you don’t have to sell your body anymore. Roxanne… you don’t have to sell your body anymore. There’s no need for that… No more red light… red light… you don’t need to sell yourself anymore…”

公式歌詞ビデオなるものがありま~す!コチラ!英語の勉強にも
なっちゃいます! 人生楽しく芸術も一緒にまなびましょ!💙
“There is an official lyric video! Here! It’s great for studying English!
Let’s enjoy life and learn about art together! 💙”



 

これでわかりましたか?売れ続ける秘密・・・ “Did you understand the secret of why it continues to sell?”

1)エネルギーを感じる  2)人間のエッセンスを感じる  3)人間の本能が満足する
そして 音楽性の素晴らしさ と スティングの歌唱力で、表現されるところに、
4)肉体的な満足感を、オーバーオール、全体包括的に感じる。
そして・・・愛
愛の魔法!  多分です!(笑)

  1. Feeling energy
  2. Feeling the essence of humanity
  3. Satisfying human instincts With the wonderful musicality and Sting’s singing ability, it expresses
  4. A sense of physical satisfaction, overall, all-encompassing. And then… love The magic of love!  。。。Maybe…💙Just guessing‼😅😉😉

少し詳しくいうと、ポインターアコの分析です!あしからず。
Here’s Ako Poynter’s analysis in detail. Just to let you know.

エネルギーを感じるというのは、この曲はポリス(原名:The Police) 時代の曲なので、
今のお父さん、お母さん、もしくはおじいちゃん、おばあちゃんになった人もいるかもですが、
この曲を聴くと、自分の青春時代を思い出すことができるということ。
When we talk about feeling the energy of the song, it brings us back to the time when The Police were at their peak. It might resonate with fathers and mothers, or even grandfathers and grandmothers now, reminding them of their own youth when they hear this song.

思い出すと、当時のエネルギーを体が感じるんですね・・
だって音楽って究極波動です。・・魂も波動・・そして体の中から元気を感じてしまう。
体と魂が喜びます。波動が変わります。エネルギーの波動に変化すると思います
そして、その波動は今!蘇るんです。
When we reminisce, our bodies can feel the energy of that time
because music is ultimately a form of vibration.
Our souls are also vibrational, so when we listen to music,
we feel an inner vitality. Both our bodies and souls find joy,
and our vibrations shift. I believe it transforms us into a new wave of energy.
The vibration is NOW!! That vibration is revived in us!

人間のエッセンスを感じる・・というのは
人間の本質をついているという事。それが万人にとは言いませんが、非常に多くの人の魂にメロディーとともに響くのではないでしょうか。それは平等と偏見を超えた”超愛”。
To feel the essence of humanity means to capture the core of what it means to be human.
While it may not resonate with everyone,
the melody and message strike a chord with the souls of many.
It is an expression of “super love” that transcends equality and prejudice.

人間のエッセンスである、平等(尊厳)と、愛がここで歌われています。
そしてさらに自由。この3拍子がそろって人が愛さない歌詞はないでしょう。
しかもそれとなく、感じるという・・すごいテクニックです。
The song embodies the essence of humanity
through its focus on equality (dignity), love, and freedom.
These three elements combined make it impossible for people not to love the lyrics.
It’s an impressive technique to evoke these feelings subtly and seamlessly.

歌詞の中に、君を見下すような言葉を一度もはいてないだろう・・というくだりがあったと思います。
“I think there was a part in the lyrics where he never once said anything looking down on you.”

主人公は「ロクサーヌ」という娼婦・・でも恋してしまった青年にとっては・・
娼婦という世間一般ではややもすると違法とされ、見下され、
悪いととられる仕事をしている女性に対して・・平等、
いや、それ以上の尊厳をもって、対応しようという気持ちをささやいています。
The protagonist is a woman named “Roxanne,” who is a prostitute.
However, for the young man who falls in love with her,
he treats her with respect and dignity,
despite the fact that her occupation is often considered illegal
and looked down upon by society.
He whispers to her the desire to treat her as an equal, or perhaps even with greater respect.

ちょうど新約聖書にある「人を裁くことなかれ。しからば汝らもさがかれざらん。」ですね。
It’s similar to the New Testament phrase, “Judge not, that ye be not judged.”


さらに「愛」! 娼婦という仕事を超えた「愛」。
男性たちの中には、レイプをされた女性に対して嫌悪を抱く人もいますし、
なんと日本でも、ある話によると・・日本では買収防止法が昭和31年(1956年)に施行され、
公的には買収はなくなりましたが、京都の高級遊女様方でのお話にでは、
処女は・・・・目が飛び出るくらいのとか・・きいたことがあります。
“Furthermore, there is ‘love’ beyond the profession of being a prostitute.
Some men may harbor disgust towards women who have been raped,
and in Japan, the Prostitution Prevention Law was enacted in Showa 31 (1956), effectively eliminating legal prostitution.
However, there is a story from the high-class courtesans in Kyoto
that the PXXXX for a virgin was… incredibly high.”

つまり、まだ非常に多くの男性陣は、性行為に対して何かしらの偏見をもっている・・でも、
それをこえて、ロクサーヌを愛している男性は、愛しているとささやく。女性はキュンときちゃいます。
“In other words, many men still hold some prejudices about sexual acts.
However, beyond that, the man who loves Roxanne whispers his love for her.
This can make a woman swoon.”

そして、そのロクサーヌを愛しいる男性は、君はその仕事が悪いとか良いとか気にしないんだね・・・
といって、その男性が・・「ロクサーヌ」と名前を呼ぶ・・
もう、そんなことしなくっていいんだよ・・という。
解放・・自由をあたえようという愛。
And the man who loves Roxanne says to her,
“You don’t care whether your work is good or bad.”
Then the man calls her name, “Roxanne,” and tells her,
“You don’t have to do that anymore.”
This is a love that offers her liberation and freedom.

そこにはある意味究極の男性から女性への「愛」があるのではないでしょうか。
今の時代ですから、反対もあるかもしれません。
This could be considered the ultimate expression of love from a man to a woman.
In today’s world, the reverse situation may also be possible.

多くの曲は、一般に多く言われている ”正しい愛” を歌っているのに対し、
この曲は、それとは別次元の「超愛」ですね。
Many songs tend to sing about what is commonly referred to as “true love,” but this song represents a different dimension of “super love.” IMHO.

それを、ロックで歌え、ギター1本のロマンスのようにも歌える・・
というバラエティに耐えうるメロデイーの良さ。
これだけそろった曲はなかなかないでしょう。
それを、スティングの声と歌唱力で歌われたときには・・・
ファンは時代など感じずに愛し続け、
曲も時代など関係なく・・いつも新鮮に・・魂に響き続ける。ロクサーヌ・・・
The melody’s versatility allows it to be sung as rock or
even as a romance with just one guitar.
This level of composition is rare in music.

When performed by Sting with his unique sexy voice and outstanding vocal skills,
fans continue to love it without feeling the passage of time,
and the song resonates with the soul,
staying fresh timelessly.  ・・・Roxanne…

スティングの音楽が時代を超える秘密、人が人である求めてやまないエッセンスを多く秘めている、愛、自由、尊厳、平等・・そしてセクシーさ。かないません!💛
The secret behind Sting’s timeless music lies in its encapsulation of many essential human elements: love, freedom, dignity, equality, and sensuality.
There’s nothing quite like it! 💛



 

ロクサーヌがアメリカの大学生の間でパーティでショットを飲むときの曲?17回?18回 “Is ‘Roxanne’ the song that American college students use for taking shots during parties? Is it 17 or 18 times?”

これはおまけのお話です。昨今、アメリカの大学生が、この「ロクサーヌ」という曲をかけて、
”ロクサーヌ”と聞くたびに、ショットでお酒を飲んでいくというゲームをしている・・とか
・・そうです。パーティでのお酒ゲームソングにぴったり?!・・
真似はしないほうがいいと思いますよ・・・
“Here’s a bonus story: Nowadays, American college students play a game where
they listen to the song ‘Roxanne’ and take a shot of alcohol every time they hear the name ‘Roxanne’ in the song.
It seems to be a perfect song for a drinking game at parties,
but I wouldn’t recommend trying it yourself.”

曲がおわることには、フラフラ?(笑)
“By the time the song is over, they might be pretty tipsy!”

One secret for you at the end of this article!
記事の終わりに・・・

ポリス時代の録音の”ロクサーヌ”イントロの
音について😍 知る人ぞ知るあの秘密です。
“At the end of the article, there is the secret behind the intro sound of ‘Roxanne’ from the Police era—it’s a little-known secret that only a few are aware of.”・・I’m sure almost all “The Police” fans know it though! 💙😉

ポリスの曲「ロクサーヌ」の冒頭に聞こえるピアノの音は、
実は意図的な演出ではありません。
The piano sound heard at the beginning of The Police’s song “Roxanne”
is not an intentional effect.

ピアノの音はスチュワート・コープランドがスタジオでうっかり
ピアノに座った時に出た音を録音したものです。録音事故?(笑)
The piano sound was recorded when Stewart Copeland accidentally sat
on the piano in the studio. It was an unintended recording mistake (😅).

スティングはこの間違ったピアノの音を気に入ったので、
結果として曲の最初に残すことにしました。
Sting liked the mistaken piano sound, so he decided to keep it at the beginning of the song.

この偶然のミスが曲にユニークなイントロを与え、
ポリスの「ロクサーヌ」をより象徴的な楽曲にしています。
This accidental mistake gives the song a unique intro and
makes The Police’s “Roxanne” a more iconic track.



 

最後にブランフォード・マルサリス(Branford Marsalis) のサックスとスティングのギターだけ ほぼアカペラ音源で・・ 自分に酔うひととき・・・ “Finally, a moment to indulge yourself with the almost a cappella version featuring Branford Marsalis’s saxophone and Sting’s guitar.” もちろん スティングのセクシーな声とともに・・・”ロクサーヌ” “Of course, with Sting’s sexy voice as he performs ‘Roxanne’…”



タイトルとURLをコピーしました