「失恋の痛みを癒す魔法の歌:スティング(ポリス)の名曲『ブランニュー・デイ』の魅力と歌詞和訳」

スティング名曲

1999年リリースのその名も「ブラン・ニューデイ」(原題:Brand New Day)。
この曲名そのままのアルバム名のアルバムに初収録されました。

また、なんとそのアルバムリリース年,1999年に書かれた曲だそうです。
スティングはこの曲を、
「恣意的日付や惑星が並ぶとかいったY2K(2000年問題)も含めて、
それらの不合理なものに対する恐怖をやわらげようとする僕なりの試みだったんだ。
たとえば口笛を吹きながら墓場を通るって感じの僕のバージョンだよ。」
(2019 A&&M Sting MYSONGS album Lyrics booklet Page 2.)

面白い説明ですね。そんな、お墓での口笛バージョンの曲を味わってみたいと思います。😉


歌詞を日本語で紐解くひととき・・・

この曲は歌詞の最後が特にスティングの独特の直喩が並んでいて、
あらぬ想像も書き立てられるのですが、
表現がうますぎて、あっさり歌えてしまう、
なかなかニクイかっこよさがあります。

下の歌詞の日本語はあくまで私が英語を読んで,
自分の中で一番近い日本語にしたら?こうなるってところを書いてますので・・・悪しからず。

I hope you will enjoy.

How many of you people out there
Been hurt in some kind of love affair?
And how many times did you swear
That you’d never love again?

そこにいる君たちの中で、
何人恋愛の類で傷ついてきた?
そして思わなかったか。もう2度と恋なんてするもんかって・・
(本当にそうですよね。恋の終わり・・・愛なんてXXくらえ!と叫びたくなって、
…その怒りのやつな感情の後は、途方に暮れてしまう。そしてそれが悲しみに変わる・・)

How many lonely, sleepless nights?
How many lies, how many fights?
And why would you want to
Put yourself through all of that again?

そこにいる君たちの中で、
寂しくって眠れない幾度の夜や、
幾度のウソ、幾度の喧嘩。
どう考えたら、これら全部もう一度経験するようなことになるような状況に
自分を置きたいなんて思う?

(私は絶対嫌です!と答えたくなっちゃいます。😅)

愛は痛み・・・

Love is pain I hear you say
Love is a cruel and bitter way of
Paying you back for all the faith you ever had in your brain

愛は痛みだって君はいう。
愛って残酷でしかも苦い、
脳みその中でずーと信じてきたものをひっくり返すように仕返しをする方法だよ。

(本当これが、”愛なんてXXくらえ!・・・言いたくなる元凶なのかも。
でも本当は愛って世界で一番素晴らしくって、
宇宙で一番強いものじゃないの?そう信じたい?
でもそうじゃなかったのか・・・と混乱している自分の魂が叫んでいる。。。。
そう思っている?のに‥
思っていたって区切りをつけたくなる・・・・スティングの表現ってニクイ。)

How could it be that what you need the most
Can leave you feeling just like a ghost?
You never want to feel so sad and lost again

どうやったら、自分が一番必要とするものが、
自分をまるで幽霊のようにして放置して、去っていく なんでできるんだ?
(だから)2度とこんなに悲しく、自分を失うような気持ちを抱きたくないって思うんだ・・
(全くです。1つの恋が終わった時・・私はおもいますね・・
もう。。この苦しさは二度と味わいたくないって・・・・・と思いましたね‥実際。
いまは成長して・・その人の自由!その人が自由にするのが一番!だって自分も自由がいい😊)

One day you could be looking
Through an old book in rainy weather
You see a picture of her smiling at you
When you were still together
Or you could be walking down the street
And who should you chance to meet?
But that same old smile you’ve been thinking of all day?

雨の日のある日、
なんとなく昔の本開くと、
彼女が君に微笑んでいる写真なんかを目にしてしまう。
まだ一緒にいたころのね。
それか通りを歩いてなんかしていると、
ひょっとして誰に会っちゃったりするんだろうとおもってしまう。
・・・でも1日中自分が探しているのは、そうあのころの同じ微笑み なんだ・・

Why don’t we turn the clock to zero honey
I’ll sell the stock we’ll spend all the money
We’re starting up a brand new day
Turn the clock all the way back
I wonder if she’ll take me back
I’m thinking in a brand new way

ハニー、時計をゼロにしようよ。
株売って、お金全部使って、
新しい日を始めようよ!
そう、時計の針を全部戻してさ。
彼女は僕を連れ戻しに来るのかな・・
新しい日を考えるんだ。

Turn the clock to zero sister
You’ll never know how much I missed her
I’m starting up a brand new day
Turn the clock to zero boss
The rivers wide we’ll swim across
We’re starting up a brand new day

そこのお姉さん、時計をゼロに戻してくれないかい。
どれくらい僕が彼女のことを恋しく思っているかなんて、
絶対だれに理解できないだろう。
僕は新しい日を始めるんだ。
ボス!時間を戻してください。
この川を泳いで渡るには この川が幅が広すぎる!
俺たちは新しい日を始めるんだ。

It could happen to you
Just like it happened to me
There is simply no immunity
There’s no guarantee
I say love is such a force if you find yourself in it
You need some time for reflection
You say, baby wait a minute, wait a minute

君にだって起こるかもしれないよ。
ちょうど僕に起こったみたいにね。
単純に免疫はつかない。
しかも保障はないし。
愛ってそういう力があるんだ。
もしその状況にいる自分に気がついたら・・・
昔を思い出す時間が必要だよ。
そして言うんだ・・・ちょっと待て!ちょっと待て!って。


ちょっとまって・・・Wait a minute! 時計の針をゼロに戻す? そう・・なかったことにしたい・・だって辛くて痛いから・・

ここからがいいメロディと、辛さと心の痛みを解消すべく
スティングからの応援歌。その痛みはわかる・・
だって時計の針をゼロにするんだから・・そして新しい日、ブランニューディを始める!💙

Turn the clock to zero honey
I’ll sell the stock we’ll spend all the money
We’re starting up a brand new day
Turn the clock to zero Mac
I’m begging her to take me back
I’m thinking in a brand new way

ハニー時計をゼロに戻してくれないか。
株を売って、あるお金全部使おうぜ!
みんなで新しい日を始めるんだ。
マック、時計をゼロにしてくれよ。
彼女に僕を連れ戻しに来てって頼むんだ。
僕は新しい日を考えている。

★あの・・矛盾?過去に戻ってます!(笑)・・・😅
このスティングの人間の心の理性と感情の洞察力がすごいとおもいます。
メロディーもよすぎですが、
このちょっとした言葉遊びのような表現で表す、忘れたいけど忘れられない・・
人間の心の動き。音楽の芸術だと思います。

Turn the clock to zero boss
The river’s wide we’ll swim across
We’re starting up a brand new day
Turn the clock to zero buddy
Don’t wanna be no fuddy duddy
We’re Starting up a brand new day

ボス、時計をゼロに戻してください。
我々が泳いで渡るにはその川幅広すぎです!
僕たちは新しい日を始めるんだ。
相棒、時計をゼロに戻してくれないか・・
時代遅れのやつなんかになりたくはない。
僕らは新しい日を始めるんだ。(ここからが、スティング節!超面白い!)

I’m the rhythm in your tune
I’m the sun and you’re the moon
I’m the bat and you’re the cave
You’re the beach and I’m the wave
I’m the plough and you’re the land
You’re the glove and I’m the hand
I’m the train and you’re the station
I’m the flagpole to your nation

僕はリズムで君は歌。
僕は太陽、君は月。
僕はコウモリで君は洞窟。
君は浜辺で僕は波。
僕は耕し、君はその土。
君は手袋、僕は手。
僕は電車で君は駅。
僕は旗立てのポールで君は国。
(このスティングの表現、おもしろくって、かっこいい。
しかも上手いですよね。さりげないセクシーさが・・・スティング!💙)

I’m the present to your future
You’re the wound and I’m the suture
You’re the magnet to my pole
I’m the devil in your soul
You’re the pupil I’m the teacher
You’re the church and I’m the preacher
You’re the flower I’m the rain
You’re the tunnel I’m the train

僕は現在、君は未来。
君は傷口、僕は縫合(ほうごう)。
君が磁石で僕は極。
僕は悪魔で君が魂。
君は生徒で僕は先生。
君は境界で僕は牧師。
君は花で僕は雨。
君はトンネルで僕は電車。
(スティング!すごすぎです。
どうやったらこんなにニクイ表現で愛の絡む二人を表すことができるのでしょうか。
洞察力と表現力半端ないです!)

Stand up all you lovers in the world
Stand up and be counted, every boy and every girl
Stand up all you lovers in the world
We’re starting up a brand new day

世界の愛する者たちよ!立ちあがれ!
そして重要視される人になろう。
少年少女も!世界の愛する人たちよ!立ち上がれ。
みんなで新しい日を始めるんだ。

You’re the crop to my rotation
You’re the sum of my equation
I’m the answer to your question
If you follow my suggestion
We can turn this ship around
We’ll go up instead of down
You’re the pan and I’m the handle
You’re the flame and I’m the candle
I’m the bee and your the flower
You’re the princess in the tower
I’m the mast and your the sail
I’m the hammer your the nail)

僕のローテションの中の穀物が君。
君は僕の等式の合計。
僕は君の質問の答えさ。
もし僕の提案に従えばね・・
僕たちのこの船も方向転換させて、
沈む代わりに上に行かすこともできるよ。
君がフライパンなら僕は取っ手。
君が炎なら僕はろうそく。
僕が蜂で君が花。
君は塔のプリンセス。
僕はマストで君が帆。
僕がトンカチで君がくぎさ。

Stand up, all you lovers in the world
Stand up and be counted, every boy and every girl
Stand up, all you lovers in the world
We’re starting up a brand new day

世界の愛する人たちよ。立ち上がれ。
重要視される人になるんだ。少年少女もだ。
世界の愛する人たち!立ち上がろう。
みんなで新しい日を始めるんだ。

これがBrand New Dayの締めです。
私にはloversというのは愛を持つ人とも解釈できるし、
愛にはまっちゃった人・・とかも解釈できるかなあ、って音楽鑑賞してしておもしろがっています。

また”Brand New”という新品、真新しい、ピッカピカの新しい日という表現も、
言葉の音もいいですよね。

スティングのこの名曲はメロデイーと歌詞のすごさというか、
パワーにあるのでしょうか。

この曲はちなみに2019年のFOXテレビの大みそかにライブで放送されました。
スティングは黒の革ジャン。
めちゃ寒そうでしたが、最高の2020になりました!
タイムズスクエアからの放送で最高のBrand New Day!

(執筆:2023年5月2日)(加筆改訂:2024年4月16日)


タイトルとURLをコピーしました